顧客満足度

税理士の選び方

これまでの税理士事務所との付き合い方をもう一度見直してみませんか?
中小企業の99%は、税理士あるいは公認会計士との間で、顧問契約をされているでしょう。しかし、すべての税理士が顧客満足度100%であれば、このようなHPは必要ありません。

税理士においても、それぞれの事務所において顧客満足度を上げる為に、必死で取り組んでいるところもあります。一方で職員に任せきりの事務所があるのも事実です。

税理士事務所とはいえ、規模の大小や顧問料の違いは多少ありますが、ホームページを見ても、外見上やっている仕事はどこもそんなに変わりはありませんね。

では、あなたは何を基準に税理士を選びますか。
A:顧問料の値段
B:税理士との相性
C:親身に相談にのってもらえる
D:税務署のOBがよい etc

Aの方は、弊社の顧問料を開示しておりますので、ご判断下さい。(業界最安値ではありませんが、かなり頑張っております。)
BCの方は、一度お話してみませんか。
税理士を変更される方は、自分の思いが、税理士へ伝わっていないことが、最大の理由でしょう。
経営者の方は、自分の思いを税理士へどんどんぶつけて下さい!我々もそれを汲み取る努力をし、全力で受け止めます。
Dの方は、残念ですが私はOBではありません。しかし、税務調査においては、納税者の権利を主張し、納得のいくまで交渉します。

結局は、税理士事務所は外見上、同じような仕事をしているように見えますが違いがあるのは、誰にしてもらうかなのです。顧問料に見合うサービスが提供できるかどうかは、「人」で判断すべきなのです。本当にあなたの会社の事を考えてくれる人を探しましょう。

税理士の選び方を見る